松坂大輔・MLBオープン戦・3月7日

<松坂大輔>大リーグ相手に初登板 3回を無失点
[ 03月07日 08時24分 ]

【ジュピター(米フロリダ州)高橋秀明】米大リーグ、レッドソックスの松坂は6日、当地でマーリンズとのオープン戦に先発し、3回を2安打無失点に抑えた。勝敗は付かなかった。大リーガーとの対戦は今回が初めて。大学生相手の前回の初登板に続き、5イニング連続無失点となった。次回は11日(日本時間12日)のオリオールズ戦に登板予定。
ヤンキースの松井秀はインディアンス戦で2安打。ロッキーズの松井稼はホワイトソックス戦で4試合連続安打となる右三塁打。ホワイトソックスの井口は1打数無安打1四球。マリナーズはレンジャーズと戦い、イチローは3打数無安打、城島は出場しなかった。レンジャーズの大塚は1回無失点。デビルレイズの岩村、カージナルスの田口はともに無安打。

◇松坂「仕上がりは4割か5割」

松坂は47球を使い、大リーガーの腕を試した。
前回のオープン戦登板は大学生相手で、大リーグのチームとの実戦は初めて。松坂はピンチを背負う状況をいとわなかった。二回、先頭の左打者、ボーチャードの内角を突いて四球を許したが、内角に厳しいメジャーのストライクゾーンを確認する狙いがあった。「制球を乱したということはない」と松坂。想定内の四球だった。
1死後、直球が思いのほか高めに浮き、右越えのエンタイトル二塁打を浴びた。二、三塁のピンチ。「遊び」はここまでだった。「ピンチをつくった時は(日本の)シーズン中と同様、抑えるつもりで投げた」
本気になった松坂は、右打者のシーボルをカウント2―1と追い込む。ここでマウンドに駆け寄ってきた捕手のバリテックに要求された次の1球は、意外にも内角スライダー。体に当たりそうなところから鋭く曲がり、内角をかすめた。打者は反応できずに見逃し三振。続くリードはセーフティーバントを試みたが、この日最速の151キロで、一塁手への小飛球に仕留めた。
球種やコースなど、いろいろと試しながらも、3回を奪三振3の零封。試合後、普段はヤンキースをカバーしているニューヨーク・ポスト紙のコラムニストが「今はどれくらいの仕上がり具合か」と尋ねた。松坂はさらっと答えた。「4割か、5割ぐらいじゃないですかね」。その言葉が通訳を通じて英語に訳された瞬間、辛口で知られるコラムニストの目が、きらりと光ったように見えた。
[Exciteニュース]



2007年03月07日

posted by メジャーリーグ野球ファン at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 松坂大輔 (ボストン・レッドソックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。